2008年07月31日

着替え

旦那は「俺の部屋」としている部屋を持っている。
当然旦那の着替えは全てその部屋のクローゼットに仕舞われているのだが
何故かいつも着替えをリビングに持ってきてリビングで着替えている。
会社に行く為のスーツでも遊びに行く為の私服でも
必ずわざわざリビングに持ってきて着替えるのだ。

冬ならまだわかる。
寒いから暖房の効いているリビングで着替えたいのだろう。
でも冬以外は全く以って意味不明。
夏場でも朝は結構涼しいのでエアコンはつけていない。
なので「涼しい部屋で着替えたい」訳でもないだろう。

ま、とにかくそれに関しては結婚以来文句言ったことも
理由を聞いたことも無かったんだけど。
先日のカーテン事件以来、旦那は着替えを自分の部屋でするようになった。
朝起きて窓を全開にして家事をしている私の前で
先日のようにカーテンを閉めたりすると
またケンカになると思っているのかもしれない。
「なんとなく」ではなくて「着替える」為なら別に文句は無いんだけどね。
着替え終わったら開けてくれれば良い事なんだから。

あのケンカは不完全燃焼のまま終わってしまったんだけど
意味も無くカーテン閉められる事はなくなったので
私の言い分が聞き入れられたと言う事として
これからも全開で気持ちの良い日差しを部屋に入れさせて頂きます。
posted by キャル at 09:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

音痴

私は素人としては普通の歌唱力を持っていると思う。

とにかく素人レベルではあっても
歌を聞いて「上手い」か「下手」かの
大雑把な違い位は分かるつもり。

まあ素人なのでね、アイツは絶対音痴である!と
言い切れるだけの才能も経験も勿論無いのだけど、
私の中では「音痴」の領域に入る人(芸能人)が
ミュージカルに出演すると聞いてビックリ。

デビュー当時は聞けたモンじゃない歌唱力。
ホントに聞いてる方が恥ずかしくなるくらい。
その後暫く休業状態だったけど、なんだかんだの末に復帰。

お、当時よりはマシな歌唱力。
休んでいる間に一生懸命頑張ったのね。
でもやっぱり下手だよね。
昔のアイドルの域を脱していないね。
と、思ってたんだけどね。

あれから数年。
彼女は更に努力を重ねて「音痴」ではなくなったんだろうか?
ミュージカルってダンス・演技・歌唱力が当たり前に
求められるものだと思うのだけど。

自分で「音程を外している」と分かる人は
本当は音痴では無く、訓練次第で直るのだと聞いたことがあるので、
努力の結果、ミュージカルに出演出来るだけの歌唱力を手に入れた
と言うことなのだろうか・・・
posted by キャル at 18:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

嫌がらせ

そうそう、出かける前には私の嫌いな番組を見ていた。
私が嫌いだと知っていてわざわざ見ていたよ。
普段は見ないのにね。
嫌がらせで見てるんだろうから、あえて何も言わなかったけどね。

いくらケンカしてても私はそういう事はしないけど。
これから何十年と一緒に暮らしていく為のルールだと思うんだけどね。

そうね、やっぱりこれが積み重なって熟年離婚なのよね、きっと。
posted by キャル at 15:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーテン

旦那はいつも「なんとなく」レースのカーテンを閉める。

我が家は山の上。
後ろは法面で道は無い=誰も通らないし家の中を覗かれる事はない。
なので、私は後ろの窓はいつもカーテン全開にして開けっ放し。
(着替える時と夜は一応カーテンを閉めている)

だけど旦那は、誰にも覗かれない窓のカーテンを
「なんとなく」閉める。

今日も閉めたので「何で閉めるの?誰かいたの?」と聞いてみた。
答えは勿論「なんとなく」

「何でいつもなんとなく閉める訳?開けとけば明るくて気持ちいいじゃん」と言ったら
「レースのカーテンは閉めたって明るいだろ」だってさ。
私には閉める必要の無いカーテンを「なんとなく」閉める意味が分からない。

で、ケンカ。

昼ご飯は「いただきます」だけはボソっと言ったが
食べた感想も食べ終わった「ごちそうさま」もナシ。
私が「ごちそうさまでした」と言っても無言。
そしてこのクソ暑い中出かけて行ったよ。

疲れちゃうなー。

熟年離婚とかって、こう言う事の積み重ねなんだろうな。
posted by キャル at 13:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

8ヶ月後半にしてようやく歯が生え始めた。
ぱっと見分からないのだが、触ると下の前歯が
生えてきているのが分かる。

歯が生えなきゃ困るし、成長は喜ばしいことだけど
もう歯茎だけの可愛らしい口じゃなくなっちゃうのね。
とても残念。
posted by キャル at 08:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

モンスター

モンスターペアレントなる言葉を聴くようになって久しいが
(最近じゃドラマまでやってるね)
教師に食って掛かる親を持つ子どもって
幸せなんだか不幸せなんだかね。

私が小学生だった頃は、先生に意見する親なんて
おそらく殆どいなかったと思う。
どんなに理不尽な扱いを受けたとしても
子どもはそれについて保護者にひた隠すか
報告を受けた保護者は、子どもがそれ以上嫌な思いをしないように
先生のご機嫌をとる事に終始していたんじゃなかろうか。

私はエコヒイキで有名な先生が担任だった事があるが
その人が学校で問題になった事は多分なかったと思う。

今のように先生に意見できる状況が良いのか
昔のように先生は神様ですな状況が良いのか

ま、どっちも良くは無いけど。
どうしようもない教師もいれば、どうしようもない保護者もいるからね。

娘が「先生」と接するようになった時
どうしようもない教師が担任にならないよう祈り
自分がどうしようもない保護者にならないよう気をつける

それしか無いのかしらねぇ

これから先十数年考え続ける問題なんだろうな。
posted by キャル at 20:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

銀魂サミット

テレ東のアニメをたまに見る程度だけど、単純に面白いと思う。
しかし、もし私が単行本集める程好きだったとしても
木刀欲しいとまでは思わないだろうな。

アメリカのSPの人が買い漁っていると聞いて
SPもマンガとか読むんだな、と変に感心。

洞爺湖サミット、私の中ではイコール銀魂になってしまった。
posted by キャル at 20:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ガチャポン訴訟

ガチャポンでも訴訟があったのね。

育児教室で「誤飲防止ルーラー」と言うものを貰った。

それによると3歳児の最大口径は39mm。
口から喉の奥までの長さは51mm。

なのに玩具協会の定めている安全基準が
3歳未満対象の場合直径31.8mm以上っておかしくないか?

親の監督不行き届きもあるけどさ、
そもそも間違った基準を元に玩具を作って
「安全基準を満たしてる」って言われてもねぇ。

メーカーと言うより日本玩具協会、おかしいよ。
3歳児の最大口径が39mmなら
安全基準はせめて40mm以上でしょ。
posted by キャル at 14:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

アトピー

うちの旦那はアトピー持ち。
小さい頃から酷かったらしく、
今もちょっとした事ですぐに皮膚が荒れて
なかなか治らない。

それは本人にしかわからない辛い症状だろうし
旦那だけでなく大変な思いをしてきた人は大勢いるだろうし
今現在自分や家族の事で辛い思いをしている人も
大勢いるだろうと、わかってはいる。

でもねー、娘は今のところそういった症状は出ていないが
ちょっと肌が赤かったり発疹があったりするともう大騒ぎ(旦那がね)。

ちょっと擦っただけの所をためつすがめつ眺めて
荒れてるんじゃないか、痒いんじゃないかと心配している。

むかーしむかしの話だけど、子どもにアトピーが遺伝とかしたら、
子どもが可哀想だから(子どもは)いらないと言ってのけた位だからね。
相当辛い思いをしてきたのだろうけれど。

だ・け・ど
何でもない所を「なんで赤いんだ、なんでポツポツ出てるんだ」と
わざわざアトピーの症状を探すような事をされると
ハッキリ言ってウザイんだよね(しかもしょっちゅう)。
posted by キャル at 20:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。