2008年06月16日

おしゃぶり

今更ながら、おしゃぶり訴訟について知る。

バッカじゃなかろうか?と言うのが感想。
しかも和解とはね、驚いた。

「訴訟大国アメリカ」なら、訴えないほうがバカなのかね?

因みに娘もNUKのおしゃぶりを使用している。
里帰り中に実家の母が買ってきてくれたのが始まり。

グッスリ眠っていても、布団に下ろすと大泣きし
再びおっぱいを吸うまで眠らない娘を相手に
ヘトヘトになっていた私を見て「試しに」と買ってきてくれたのだ。

効果は絶大で、泣き出す寸前にしゃぶらせる事によって
そのまま眠ってくれた為、私も少しまとまった睡眠がとれるようになった。
眠ってしまえば自然とおしゃぶりは口から外れていたので
おしゃぶりの長時間使用について、深く考えたことは無かった。

現在は、本来のおしゃぶりとしての機能をあまり果たしておらず
しゃぶる方を手に持って、柄(?)の部分を噛んで遊んでいる事のほうが多い。
それでも出先でぐずられた時等は今も活躍している。

ま、とにかく何でも「程ほど」が一番ってことかしら?
posted by キャル at 10:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。