2008年07月17日

モンスター

モンスターペアレントなる言葉を聴くようになって久しいが
(最近じゃドラマまでやってるね)
教師に食って掛かる親を持つ子どもって
幸せなんだか不幸せなんだかね。

私が小学生だった頃は、先生に意見する親なんて
おそらく殆どいなかったと思う。
どんなに理不尽な扱いを受けたとしても
子どもはそれについて保護者にひた隠すか
報告を受けた保護者は、子どもがそれ以上嫌な思いをしないように
先生のご機嫌をとる事に終始していたんじゃなかろうか。

私はエコヒイキで有名な先生が担任だった事があるが
その人が学校で問題になった事は多分なかったと思う。

今のように先生に意見できる状況が良いのか
昔のように先生は神様ですな状況が良いのか

ま、どっちも良くは無いけど。
どうしようもない教師もいれば、どうしようもない保護者もいるからね。

娘が「先生」と接するようになった時
どうしようもない教師が担任にならないよう祈り
自分がどうしようもない保護者にならないよう気をつける

それしか無いのかしらねぇ

これから先十数年考え続ける問題なんだろうな。
posted by キャル at 20:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。