2009年03月01日

衝撃的

獣の奏者エリン

先週見逃し、再放送も見逃したので
どんな内容だったのか検索してみた。

で、ビックリ。
母の最期、かなり衝撃的だった。

しかもエリンはそんな母の姿を見た挙句
何もしてないのに何故か追われる身。

子ども向けの物語だと思って見てたんだけど
結構大人向けなのかも。

原作を読んでみようかと思案中。
posted by キャル at 08:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

運転2

昨日も事故りかけた。
もういい加減にしてくれ。

笑ってごまかし、開き直り、指摘すると不機嫌になる。

昨日は(も)本当に危なかったのに笑ってごまかしたので本気で怒った。

注意力散漫過ぎる事
人を乗せている自覚が足りない事
危ない目にあわせておいて笑ってごまかす事
その度「大丈夫だよ」などと言うが全然大丈夫じゃない事
私が死んで済むならまだマシだが、他人を巻き込んだら大変だと言う事

これらを言い聞かせたのだが、自分が「危ない目にあわせた事」を
キレーさっぱり忘れているようだったので
思い出せる限りの「危ない目」を並べ立ててやったら
すっごい口調で「もう、(危ない運転は)しないよ!」と断言していた。

なにキレてんだよ?
キレたいのはこっちだよ。

今度同じような事があったら、絶対義父母にチクってやる。
posted by キャル at 08:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

急げ!

夕べちょっとした用事で20〜30分ほど出ることになった。
因みに私個人の用ではない。
夫婦で行っても良いのだが、娘も連れて行くのは面倒なので私が行くことになった。

人と待ち合わせをしていて、あらかじめ大まかな待ち合わせ時間は決めてあった。

その時間までに旦那が娘を風呂に入れ、私が風呂から出た娘の面倒を見ている間に旦那は風呂から上がる。
で、私は待ち合わせ場所に行く。

少なくとも私の中ではそう言う事になっていた。
旦那との会話で、旦那もそれに賛成していると感じていた。

しかし先に風呂に入った旦那、なかなか娘を呼ぼうとしない。
ジリジリしながら待っていると、ようやく呼び出し。
娘を風呂に連れて行き「よろしく。急いでね」と付け加えておいた。

娘の夕飯の仕度を終え、ひっちらかしてあるおもちゃを片付け終えても
まだ娘のお迎えの呼び出しが無い。
イライラしながら待っていると待ち合わせしている相手から
「10分後に家を出て欲しい」との連絡。
旦那にそれを伝えると「わかった」と言って・・・
娘のお迎えの呼び出しが来たのは、それから8分後。

ムッキー!
なんで5分で済ませないんだよ!
急げって言っただろうがっ。

バタバタと娘を着替えさせ、さぁ出かけるぞ。
と、思っても今度は旦那が風呂から出てこない。
どうしたんだ?と風呂場へ見に行ったら
のんびり湯船に浸かって温まってるじゃん。

10分で出かけるよ、と言ってるのに
人と待ち合わせをしていると分かっているのに
なんでそう自分勝手なんだよ?

ケンカしている時間は無いので、後追いしてくる娘に幼児向けDVDを見させ
テレビにかじりついてくれている間に外出した。

二人で分担すれば早いと思ったんだけどね。
風呂に入れるのも人に会うのも両方とも自分でやった方がイライラしないで済んだだろうね。
posted by キャル at 13:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

手掴み

娘、1歳2ヶ月にもなると言うのに手掴み食べをしてくれない。
掴んだものをわざと下に落とすか、私の手に乗せて「食べさせろ」と催促。

嫌いだから下に落とす訳じゃない。
大好きな食べ物でもポイポイ下に落としてしまう。

スプーンやフォークにはそれなりに興味を持っているようで
握って離さないんだけど、だからといって使って食べるわけでもない。

周りは「手掴み食べをしている間にほかの事を済ませる」と言うんだけど
娘は手掴み食べしないので、私がつきっきり。
毎回手掴み出来るメニューを用意するのが馬鹿馬鹿しくなってくる。

「ダメって言ったってそのうちやるようになるよ」と言ってくれる人もいるけど、非常に心配。
posted by キャル at 08:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

運転

旦那の車の運転は下手クソだ。
私も上手い訳ではないが、その私が下手だと思うんだから
相当な下手クソである事は間違いない。

ここで言う「下手クソ」は運転の「技術」というよりも「注意力」。

家族で出かけるときは、大抵旦那が運転する。
近場のときはまあ良いんだけど、ちょっと遠出の時はマジ怖い。
旦那の運転はハッキリ言って注意力散漫。
遠出になればなる程注意力が減退する(疲れてくるんだから当たり前と言えば当たり前だけど)。

今年既に一度事故りかけた。
左斜線への車線変更時に、白バイに捕まっている原付に気を取られ
後ろから左斜線を走ってくる車にぶつけそうになった。
私が注意しなかったら確実にぶつけていたと思う。

文句を言ったら「ちょっと白バイに見とれちゃって」とぬかしやがった。

はあっ?運転中に見とれてんじゃねーよって事で勿論ケンカ。

他にも「○○に見とれちゃって」引っ掛けそうになったり
突っ込みそうになったりした事がこの1年で2回程ある。

自分だけならまだ良いが、人身でも起こしたらと思うとゾッとする。
事故を起こす前に本当に何とかしたいのだが、何か良い方法は無いものか。
あれこれ言われるとミジンコ程度のプライドが傷つけられるらしく意地になって反論してくるし
「娘のためにも」みたいな言い方だと堪えないらしく、ヘラヘラしてるのでやりにくいったらありゃしない。
posted by キャル at 08:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。